つくねは焼き鳥の醍醐味

つくねは焼き鳥の醍醐味

焼き鳥を食べるとき、注文する回数が多いメニューといえばどこでしょうか?
鳥皮や腿肉といった定番メニューを挙げる人もいれば、ぼんじり、ランプといったこだわりの部位が好きという人もいるかもしれません。
そんな皆さんが必ずと言って良いほど注文しているのがつくねです。

 

つくねとは鶏のすり身を固めたお肉のことで、多くの居酒屋にメニューとして記載されています。
味わいとしてはジューシーな肉汁が溢れ、ボリュームがたっぷりという点が魅力です。
しかし、すり身になっているせいでお肉本来の味が薄れてしまっている、どこのお店で食べても味の違いを感じないという意見をお持ちの人もいることでしょう。
しかし、それは勘違いと言わざるを得ません。

 

なぜなら、つくねは他の焼き鳥メニューに比べてお店側が工夫を施しやすいため、力を入れているお店は看板メニューに据えることも少なくないからです。
そこで今回は、つくねを美味しく食べられる居酒屋の特徴を見ていきましょう。
最も簡単な方法はお店の名前に「つくね」が入っているところを探すというものです。
インターネットの検索エンジンで「居酒屋 つくね」というふうに検索していただくと、つくねを全面に押し出した居酒屋を探すことが出来ます。
つくねを美味しくするのは味付けです。

 

お店独自の味付けにこだわっている居酒屋や焼き鳥店を検索してみるのも美味しいつくねに出会うポイントといえます。
お肉へのこだわりを見せている居酒屋も要チェックです。
食材を厳選している居酒屋は、つくねというメニュー一つにおいても手を抜くことはありません。
より美味しく食べてもらうための方策を模索し、独自の工夫でつくねをアレンジしてくれるのです。
美味しいつくねを探すためにはしご酒をしてみるのも楽しいのでぜひお試しください。