焼き鳥の定番メニュー

焼き鳥の定番メニュー

仲間とお酒を楽しむ際には、
気軽に入れる居酒屋を利用する方も多いと思います。
そういった意味でも中野の居酒屋は宴会に最適でした。
居酒屋であれば、様々なお酒や食事メニューが揃っていますから、
数人で利用する際にもとても便利ですよね。
食べたいものが違っても、居酒屋であれば様々なメニューが揃っていますから、
みんなが満足することが出来ますよね。

 

そんな方の中には、居酒屋に行くと、
「いつも、焼き鳥を頼む」という方も多いのではないでしょうか。

 

居酒屋で焼き鳥を注文する際、
それがどういった部位なのか知った上で注文していますか。

 

では、居酒屋でも定番となっている焼き鳥メニューをご紹介しましょう。

 

必ずといっていっていいほどあるのは、
正肉とネギ間。正肉は、鳥のももやムネ肉。

 

ネギ間は、その間にねぎを挟んでいるものですよね。

 

ビール好きの方にとっては、皮を注文する方も多いと思いますが、
これは首の皮を使っているところがほとんど。

 

つくねは、とりのすり身を団子状にして焼いたもの。

 

お店によっては、様々な部位を揃えているところもありますが、
そりは骨盤の内側にある筋肉部分。
弾力が特徴となっています。

 

背肝は、腎臓となっており、レバーに似た味わい。

 

ぼんじりは、尾羽が生えている部分となっており、
脂がのって、食べごたえがあります。

 

砂肝は、胃袋の外壁についている筋肉部分。
シャキシャキとした歯ごたえが特徴となっています。

 

これらの部位を、知らずに食べていたという方もいるかもしれませんね。

 

このように、居酒屋では様々な焼き鳥定番メニューが揃っています。
食べたことがないメニューがある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。