代表的な焼き鳥の部位を知っておこう!

代表的な焼き鳥の部位を知っておこう!

焼き鳥を楽しむとき、何気なく頼んでいる方が多いと思います。

 

焼き鳥の盛り合わせ、など多くの居酒屋で見受けられるメニューのひとつですが、
盛り合わせの説明を聞いてもピンと来ず、
とにかくスタッフさんが去った後、かぶりつく…なんてことになっていないでしょうか。

 

ここでは、焼き鳥で良く使われる部位の基本的なところだけでも、
紹介しておきます。ぜひ、参考にして焼き鳥をより楽しんでください。

 

●むね肉
焼き鳥で良く使われる部位として、鶏のむね肉があります。
サッパリしており、どちらかというとかなりオーソドックスな部位です。
低脂肪でヘルシー、高タンパクなのでダイエット食材としても使われますね。
玉ねぎとの相性も良く、ネギマなどが美味しくいただけます。

 

●もも肉
とりもも、なんてネーミングで良くメニュー表に記載されている、もも肉ですが、こちらは、高脂肪です。
肉に弾力があることで肉汁が中に閉じ込められ、独特の美味しさを楽しめる部位です。
唐揚げなどでよく使われ、焼き鳥では弾力が楽しめる部位として人気ですね。

 

●ささみ
とりササミが一番好き、という方も実は多く、そのサッパリとした味わいが女性にも人気の部位です。
低脂肪でタンパク質も豊富ですし、柔らかいので鶏わさなど刺身としても食べられます。

 

塩味が基本ですが、柚こしょうや梅シソなど、
クセのある酸味の効いた調味料とも相性抜群です。
鶏肉の中では、比較的守備範囲が広い部位です。

 

このように、焼き鳥といってもさまざまな部位があります。
それぞれの特徴を知れば、より美味しく、
楽しく焼き鳥を楽しめるのではないでしょうか。

 

焼き鳥と並んで人気のメニューが食べられる、串揚げ えんもオススメですよ!