全国各地の変わり種焼き鳥

全国各地の変わり種焼き鳥

定番の焼き鳥も美味しいですが、たまには冒険をして変わり種の焼き鳥を食べてみませんか?
では変わり種焼き鳥には、どのような焼き鳥があるのかいくつか紹介します。

 

まず山口県の長門で人気がある変わり種焼き鳥は、「黒かしわの手羽元」です。
焼き鳥の手羽元自体は部位として、珍しくありませんが、黒かしわがポイントです。
黒かしわとは地鶏で、運動量が多い鶏のため脂肪含量が少なくヘルシーなお肉です。
肉質は柔らかくジューシーで臭みが少ないため、焼き鳥に最適の地鶏だと言えます。

 

そんな黒かしわで作った焼き鳥に、塩やタレではなく、ガーリックパウダーと唐辛子で頂くのが長門流の食べ方です。

 

「今治焼き鳥」は、愛媛県今治市の焼き鳥です。
焼き鳥と呼ばれていますが、私達が認識している焼き鳥とは大きく異なります。」
今治焼き鳥は、串刺し肉の直火焼きではなく、串に刺さない肉を鉄板焼きにしたものを焼き鳥と呼びます。
串で焼かない理由は、鉄板で焼いた方が早く焼きあがるため、せっかちな今治人の性格がよく出ている焼き鳥だと言えるでしょう。
鉄板で焼くため、焼き目が香ばしく、ほどよく脂っこさが残って美味しく仕上がるのもポイントです。

 

 

「久留米焼き鳥」は、福岡県久留米市の焼き鳥です。
ここの変わり種焼き鳥も変わっていて、焼き鳥なのに鶏ではありません。
豚でも牛でも何でも串に焼いて焼き鳥として食べてしまいます。

 

メニューも面白く、ドイツ語が由来となっていて、ダルム(豚の腸)やセンポコ(牛の大動脈)ヘルツ(心臓)などいろんな部位が食べられています。
久留米市は、日本一焼き鳥屋が立ち並んでいる激戦区でもあるので、とにかく焼き鳥やのレベルが高く、美味しい焼き鳥屋が多いのが特徴です。
立川 居酒屋で食べた焼鳥はなかなか美味しかったです