焼き鳥の部位とその特徴について

焼き鳥の部位とその特徴について

焼き鳥は部位によって、味や食感が大きく異なります。
 
なのでいつも同じ部位を食べるのではなく、色んな部位にチャレンジし、自分の好きな部位を知る事でよりウ焼き鳥を楽しむ事が出来るようになるでしょう。

 

では、どのような部位があるのか特徴と一緒に紹介します。
ネギマに使用されている部位は、「もも肉」です。
肉質は引き締まり少し固めですが、コクがあり焼肉の定番とも言える定番の部位です。

 

「むね肉」は、脂肪が少なくあっさりとした味です。
「ささみ」は、むね肉の内側にあり、むね肉同様にあっさりとした味です。

 

「手羽」は、ゼラチンや脂肪が多い部位なので、柔らかくジューシーな味です。
「皮」は、ももやむね肉の皮を使用しています。味はカリっと香ばしく美味しいですよね。

 

次は鶏の内臓の部位を紹介します。
内臓系は好き嫌いが分かれる部位ですが、ハマるとクセになる美味しさです。

 

「ハツ」は、心臓の事です。コリコリとした歯ごたえが美味しく栄養価も高いのが魅力です。
「キモ」は、肝臓の事で、お店によっては「レバー」と呼ばれる事もあります。
コクと旨みがあり、ねっとりとした食感が特徴です。
「砂肝」は、鶏の胃の部位の事で、食感がコリコリとしていて、レモンをかけてさっぱり食べられます。
「ぼんじり」は尾骨の周りの肉で、希少部位です。味は脂肪が多くてジューシーで美味です。
「軟骨」は、鶏の胸骨の先にあります。軟骨の唐揚げが有名ですが、焼き鳥にしても食感がよく美味しく頂けます。

 

このように焼き鳥は、部位によって味や食感が変わるので、ぜひいろんな部位を注文し焼き鳥の美味しさを堪能して下さいね。