油淋鶏を紹興酒とともに

油淋鶏を紹興酒とともに

中華料理はお酒に合う料理として居酒屋で幅広く提供されています。
麻婆豆腐や回鍋肉などと一緒にビールを飲むのが堪らないという人も多いことでしょう。
そんな中華料理の中でも鶏肉を用いた料理として有名なのが油淋鶏です。

 

油淋鶏とは甘さと塩気のあるタレがかかった唐揚げのことです。
通常の唐揚げはどちらかというとサクサクな食感ですが、油淋鶏はお肉の柔らかさが際立っているのが特徴といえます。
その食感を生み出しているのが下ごしらえに使われる紹興酒です。

 

アルコールにはお肉を柔らかくする効果があり、油淋鶏は下ごしらえとして中国発祥の紹興酒に漬けられることが多いのです。
お酒に漬けるのは食感のためだけではありません。
お肉が持つ独特の臭みを取り除き、食べやすくする効果も持ち合わせています。

 

こうして下ごしらえされたお肉を揚げていくのですが、お店や家庭によっては衣をつける場合とそうでない作り方が見られます。
どちらもそれぞれ美味しいのですが、食べごたえのある食感を目指している方であれば衣をしっかりつけてお肉の奥まで火を通すと良いでしょう。
反対に、柔らかいお肉をご所望の方は衣を付けずにサッと素揚げしてください。

 

揚げ終ったお肉にかけるのは玉ねぎをたっぷり使ったソースです。
みじん切りにした長ネギに醤油やみりんを混ぜ合わせたソースはどんな料理にも合う万能調味料です。
これをたっぷりかけてできた油淋鶏にはぜひ紹興酒を合わせてみてください。

 

日本酒同様にお米が原料のお酒ですが、使われている麹が麦麹であるという点に大きな違いが見られます。
そこからじっくり熟成させたものもあれば、爽やかな香りを重視しているものまで様々な種類が存在しますから、どれが自分の舌に合うのか油淋鶏とともに食べ合わせてみましょう。

 

藤沢 イタリアン