鶏皮はアレンジが効く万能おつまみ

鶏皮はアレンジが効く万能おつまみ

お酒のおつまみの定番といえば焼き鳥ですよね。
一昨日、行きつけのイタリアンバルNUOVOに行き、昨日は焼鳥、そして今日も焼鳥の予定の私です。
居酒屋では昔からよく食べられていましたし、最近では焼き鳥専門店まで登場するほど焼き鳥の魅力に注目が集まっています。

 

焼き鳥以外の方法でも、鶏肉は私たちの舌を楽しませてくれます。
特に豊富なバリエーションを持っているのが鶏皮です。
今回は、鶏皮をお酒と一緒においしく食べる方法について見ていきましょう。

 

鶏皮は、悪玉コレステロールと呼ばれる動脈硬化などを引き起こす物質の働きを阻害する効果を持っています。
美肌効果の高いコラーゲンも豊富に含まれていますから、美容と健康に気を遣う方にはぜひ食べていただきたい鶏肉の部位です。

 

そんな鶏皮を昔からよく食べているのが福岡県に住む人々です。
居酒屋や焼き鳥屋で鶏皮を注文すると、こんがり焼けた鶏皮がびっしり刺さった串が運ばれてきます。
タレがよく浸みており、外はサクサクで中は柔らかいという絶妙な焼き加減が特徴です。

 

焼き鳥以外の食べ方としては、素揚げして中まで火を通し軽く塩コショウをするのも良いでしょう。
シンプルだからこそ鶏皮の旨味や食感が活かされた料理なのです。

 

また、塩コショウの代わりにポン酢をかけて、長ネギを添えた鶏皮ポン酢というおつまみも人気です。
ポン酢の塩気と酸味がネギの香りを引き立て、サクサクの鶏皮の新しい一面を私たちに見せてくれます。
居酒屋はもちろんのこと、自宅でも気軽に造ることが出来るメニューですから一度お試しください。

 

鶏皮と一緒に飲むなら、日本酒やビールといった居酒屋の定番だけでなくワインなどの果物を使ったお酒をおすすめします。
果物の酸味が鶏皮の食感と驚くほどよく合うのです。
様々な食べ方に挑戦していただければ、鶏皮の本当の美味しさにお気づきいただけることでしょう。