鶏レバーはお酒にピッタリ

鶏レバーはお酒にピッタリ

居酒屋やバーで晩酌をしようと考えたとき、皆さんはどのようなおつまみをチョイスするでしょうか?
居酒屋の発展とともにおつまみも多岐に渡る種類のものが提供されています。
昨日、豊橋にある居酒屋で食べたおつまみはなかなか美味しかったので色々調べてみました。

 

いつもとはちょっと違った魚でお酒を楽しみたいという人におすすめなのが鶏レバーです。
鶏レバーとはその名の通り鳥の内臓にあたる部分のお肉のことです。
豚や牛のレバーが好きという人も鶏肉のレバーはあまり食べたことが無いかもしれません。

 

鶏レバーは他のレバーに比べてあっさりとした味わいになっており、様々な料理にお使いいただけます。
和食テイストの煮込みはもちろんのこと、シンプルに焼くだけでもお酒のお供になるのです。
ショウガやネギといった香りの強い野菜と一緒に食べても鶏レバーの旨味は消えることがありません。
それどころか、レバー独特の臭みが消えるため鶏レバー初心者でも食べやすい味に仕上がるのです。

 

鶏レバーはカロリーが控えめな点も魅力といえます。
100グラムで約110キロカロリー程度です。
卵1個よりもカロリーが低いため、ダイエット中だけれどお酒を飲みたいという人のおつまみとして役立ってくれることでしょう。
鶏レバーは豚や牛のレバーに比べて脂質や炭水化物が低くなっている一方、タンパク質の量では引けを取ることはありません。
筋力トレーニングなどに励んでいる人にとっても嬉しい食材といえるでしょう。
海外では、鶏レバーをペースト状にしたものとワインを組み合わせて楽しむのが当たり前になっています。
赤ワインの渋みと鶏レバーの旨味が絶妙にマッチし、独特の味わいを堪能出来るのです。
居酒屋で鶏レバーを見かけた際にはぜひ注文してみてください。