地方ごとの特色ある焼き鳥

地方ごとの特色ある焼き鳥

焼き鳥といえば、全国どこの居酒屋でも食べられる定番メニューであることは疑いようがありません。
どこの地方でも食べられるということは、旅行などで地方に出掛けたときにわざわざ焼き鳥を頼む必要はないだろう。
そのように考えている人は非常に勿体ないといえます。
なぜかというと、日本各地にはいわゆるご当地焼き鳥ともいえるような特色ある焼き鳥がいくつも存在しているからです。
今回は、その中でも特におすすめのご当地焼き鳥について見ていきましょう。
最初にご紹介したいのが愛媛県の今治市で食べられている焼き鳥です。
こちらの焼き鳥の特徴は串に刺さっていないという点です。
焼き鳥といえば串だろうと思う人もいるでしょうが、これはこれで非常に新鮮です。
通常の焼き鳥よりもたくさんのお肉が出されるため、一皿で結構お腹が膨れます。
タレは甘辛でお酒にもよく合います。
なぜ串に刺していないのかというと、鉄板で大量に焼くからです。
1つの鉄板で何種類もの焼き鳥を焼きますから、他の部位のお肉が混じっていることもあります。
それもまたお得感を感じさせるのです。
続いてご紹介したいのは、福岡県の博多で食べられている焼き鳥です。
こちらの地方で焼き鳥というと、串に刺して焼いたものを表しています。
どういうことかというと、鶏肉だけでなく豚肉や魚介類まで串に刺して焼いているからです。

味は基本的に塩味で素材の味をそのまま堪能出来ます。
お肉と一緒に刺してある具材が玉ねぎである点も特徴といえるでしょう。
極めつけは焼き鳥を注文すると必ずといって良いほど一緒に提供されるのが、酢のかかったキャベツです。
酸味の強いキャベツが塩辛い焼き鳥とよく合うのでぜひご一緒にご賞味ください。
焼鳥と日本酒が美味しいお店ならこちらですhttp://www.chokochoko.jp/