焼き鳥を美味しく温め直す

焼き鳥を美味しく温め直す

焼き鳥を食べる場所といえば、一昔前までは居酒屋が定番でした。
五反田の居酒屋の落ち着いた個室でまったり食べる焼き問いは最高です。

 

しかし最近では、コンビニやスーパーマーケットでも気軽に購入出来る食品となっています。
飲食店でできたてを食べるのとは違い、スーパーなどで買ってきた焼き鳥はどうしても冷めてしまうのが難点です。
今回は、そうした焼き鳥を美味しく温め直す方法について見ていきましょう。
温め直しには電子レンジを使ってしまいがちですが、美味しさにこだわるのであればフライパンを使いましょう。
フライパンを軽く温めたら、その上にクッキングシートを敷いてください。
ここで油を敷いてしまうとお肉が脂っぽくなってしまうので要注意です。
炭火や網で焼くことで余計な脂を落としているのが焼き鳥の特徴ですから、
その魅力を最大限引き出すためにも油ではなくクッキングシートが最適なのです。
クッキングシートを敷いたフライパンの上に焼き鳥を乗せたら、焦げ目が付くぐらいまで焼きましょう。
ひっくり返してフライパンに蓋を被せ、反対側も焦げ目が付いたら完成です。
お肉に火が通りながらも、焼き鳥特有のさっぱりとした味わいをキープしてくれます。
焦げ目が絶妙なアクセントになっていますから、お酒も進むことでしょう。
鶏肉のプリプリとした食感を楽しみたいという人は、日本酒を活用するというテクニックをお試しください。
温めたフライパンの上に焼き鳥を並べ、日本酒を軽く垂らして蒸し焼きにするのです。
お酒にはお肉を柔らかくする作用がありますから、
]時間が経って固くなってしまった焼き鳥もこれで再び美味しさを取り戻すことが出来ます。

お家で焼き鳥を温め直す際には、ぜひフライパンをご活用ください。