手羽先のキレイな食べ方

手羽先のキレイな食べ方

甘辛いタレが美味しく、おつまみとしても最高の手羽先ですが、
居酒屋で注文するのは少し躊躇してしまいます。
なぜかというと、手と口がベタベタになってしまい、食べづらいからです。
手羽先は小骨が多いため、キレイに食べられない、人前で食べるのは抵抗があるという人も多いでしょう。

 

ですが、せっかく手羽先を食べるのなら、テイクアウトして冷めてしまった手羽先よりも、
出来立ての熱々を食べる方が美味しいですよね。
なので、人前で食べても平気な、キレイな手羽先の食べ方を紹介したいと思います。

 

まず、手羽先の両端にある関節部分を下に折り曲げて下さい。
そうすると、骨が出てきます。その骨を引っ張ると、骨だけキレイに抜けるので、後はそのまま食べるだけです。
確かにこの方法なら、口がベタベタになりませんし、骨についた肉をしゃぶる必要はないので上品に食べられます。
ですが、この方法でもやはり両手がベタベタになってしまいます。

 

そこで、次は手を汚さないで、食べる方法を紹介します。
片手で食べる方法として、手羽先の太い方を持ち、細い方が下にくるようにお皿に肉を押し付けます。
そうする事で、片手しか汚さずに食べる事が可能です。

 

少し難易度が上がりますが、両手を汚さない、箸を使って食べる方法もあります。
まず箸で細い方の関節部分を取り去り、手羽先の2つの骨の間に箸を入れて2つに割ります。
そして肉の部分を箸でとって食べると手は汚れません。

 

しかし、やはり手羽先は箸で食べるよりも、手で食べた方が美味しく感じる事も事実です。
なので、居酒屋へ行くメンバーが親しい間柄であれば手で、
そして親しい間柄ではない時は箸でと使い分けるといいかもしれませんね。

 

横浜お忍び個室ダイニング 阿具楽-agura-