鶏の唐揚げとレモンのマナー

鶏の唐揚げとレモンのマナー

数人で居酒屋へ行けば、必ず誰かが鶏の唐揚げを注文します。
それぐらい、居酒屋メニューの定番中で、人気のおつまみだと言えます。
 

 

ではなぜ、こんなに鶏の唐揚げが人気があるのでしょうか?
もちろん、1番の理由は美味しいからです。外はカラっと中はジューシーに揚がった唐揚げは絶品です。

 

そして鶏の唐揚げは、おつまみにもなりますが、
おかずやおやつにもなり、需要が高いという事も理由に挙げられます。
ローソンのからあげくんを、小腹がすいた時のおやつとして購入する人も多いですよね。

 

また鶏肉は値段がリーズナブルな価格設定となっているので、お財布にも優しいというわけです。
居酒屋では特に、ビールやチューハイとの相性は抜群です。

 

ちなみに居酒屋で、鶏の唐揚げを注文すると、高確率でレモンがついてきます。
このレモンには、実はマナーがある事を知っていますか?
鶏の唐揚げに勝手にレモンをかけられて、
不快な思いをしたという人は実はたくさん存在します。

 

なぜかというと、単純にレモンをかけない方が好きという、食べ方の好みもあります。
また、レモンは基本的に手で絞りますよね。
素手で絞れば手を濡らした果汁が鶏の唐揚げにかかってしまう。
それが苦手だと感じる人もいるでしょう。

 

合コンの席だと、さらに注意が必要です。
レモンをかける女性ができる女アピールをしている、と思われる可能性もあります。
楽しい飲み会の席で、鶏の唐揚げのレモンが原因で嫌われたくはありません。
なので、レモンは小皿に取り分けて、自分の分だけかけるのが無難ですが、
その場の状況を見て臨機応変に対応しましょう。