焼き鳥のたれの選び方

焼き鳥のたれの選び方

焼肉を食べるときは、付け合せの味によって肉の風味が変わります。
焼き鳥でもたれや塩、七味など付ける物を変えることで、
焼き鳥の味が変わってくるのです。
居酒屋などで焼き鳥をオーダーするときは、
注文時にたれか塩かを聞かれることがあり、
味付けで迷ってしまう方も多くいらっしゃるでしょう。
焼き鳥の味付けを決めるときのポイントを知っておくと、
焼き鳥がますます美味しく頂けるようになります。
焼き鳥につけるのはたれか塩のどちらかです。

 

たれは甘辛い味付けが特徴であり、たれと肉のうまみの両方を味わえます。
たれの味自体がしっかりとしているので、
焼き鳥を数本食べただけでも結構な満足感が得られるのです。
ご飯にもよく合いますので、たれで味付けをした焼き鳥をおかずにしながらご飯を食べる方も多いのです。
一方で塩はシンプルな味付けですので、肉の味を堪能できます。
また味付け自体がさっぱりとしているので、
気が付かないうちに沢山の量の焼き鳥を食べてしまう事もあります。
焼き鳥の味付けは基本的には人それぞれの好みやその時の気分によって決めていいのですが、
焼き鳥の種類によってたれか塩のどちらかで食べるのかを決めた方が、
その焼き鳥の味が数倍にも美味しくなるのです。
たとえば焼き鳥の人気メニューであるつくねですが、
これは塩よりもたれで食べた方がその味が引き立ちます。
つくねは卵の黄身と合わせて食べても美味しいのですが、
たれをつけたほうが卵と混ぜた時につくねの味を引き立ててくれるのです。
レバーもたれのほうがレバーの臭みがとれて食べやすくなります。

 

http://yaesu-umaimon.com/