意外と知らない、焼き鳥のマナー

意外と知らない、焼き鳥のマナー

居酒屋で焼き鳥を頼む、スーパーで焼き鳥を購入して食べることがあるでしょう。
焼き鳥は美味しいのですが、
串に刺さっていると食べづらいのでつい串をはずして食べることが多いのではないでしょうか。
居酒屋へ行くと大勢で一つのおつまみを取り分けることがありますので、
焼き鳥が運ばれて来たら率先して串から外す方も見られます。

 

実はこの串から焼き鳥をはずす行為なのですが、厳密に言うとマナー違反なのだそうです。
焼き鳥は基本的には提供されたままの状態で串ごと取ってからかぶりつくというのが、
焼き鳥のマナーだと言われています。
料理のマナーの基本として覚えておきたいのが、
料理は提供された状態で食べるのが料理に対する敬意に値するのだそうです。
よって焼き鳥は串に刺して焼いてそのまま提供される料理ですから、
当然串ごと食べるのが当たり前という考えなのです。
もしも串から外して食べるのであれば、
最初から料理人が串から外して提供してくれるはずです。
それをあえて行わないのは、串ごと食べてほしいからなのです。

 

居酒屋で焼き鳥が運ばれてくると、
その場に居合わせた人に了解を得ないまま焼き鳥を串から外してしまう方も多く見受けられますが、
中にはその行為を快く思っていない方もいるのです。
特に女性はこの時ばかりと女子力を見せるために、
率先して料理の取り分けや焼き鳥を串から外す作業を行いますが、
それが仇となってしまうこともあるのです。
焼き鳥を串から外す時は、
念のため周りの人にはずしていいかどうかを聞いてから行うようにしましょう。

 

Garden〜ガーデン〜新宿東口駅前店