見かけたら注文したい変り種

見かけたら注文したい変り種

居酒屋や焼き鳥店を訪れたとき、焼鳥のメニューに見たことのないものをみつけたことはありませんか?
外食の場合、未体験のメニューを注文するのは勇気がいりますよね。
しかし、焼き鳥においては変り種の部位ほど貴重な傾向にあるため、普段見ないメニューがあったらぜひとも注文していただきたいのです。
そこで今回は焼き鳥の変り種の中でも特におすすめのメニューについてご紹介します。

 

心残りという部位を聞いたことはありますか?
これは、心臓と肝臓の付け根に当たるお肉のことです。
どちらも肉体を維持するのに欠かせない臓器であり、その分脂が乗っていることが多いのです。
大切な臓器の周りにある心残りは、噛んだときの溢れ出る肉汁が絶品です。
塩焼きも良いですが、タレでいただくと肉汁の旨味がさらに引き立つのでお試しください。

 

 

 

首の代わりのお肉をおたふくといいます。
人間に置き換えるならばちょうどリンパに当たる部分です。
食感としては軟骨に近く、噛み切れないくらいの硬さが好きという人にはピッタリです。

 

しかし、味の方は濃厚な脂が乗ったジューシーな風味が特徴です。
脂が多いお肉は苦手という人は、ビールなどの炭酸系のお酒と一緒に召し上がっていただくと、お口の中がギトギトした感じになることなく堪能出来ます。
お店独自の味わいを求めるのであれば、つくねもおすすめです。

 

変り種とは思えないかもしれませんが、味付けやつくねそのものの味にお店ごとの工夫が見られます。
甘辛いたれが基本となっている一方で、トマトピューレを使ったイタリアンのような味わいのつくねや、野菜と組み合わせて串に刺したつくねなど、特徴的なメニューを揃えていることが多いのもつくねの特徴です。
焼鳥を食べる際には、変り種のメニューにも注目してみてください。